マンション売却を行う場合には、かかる費用や手数料に関して理解をしておく必要があります。

 

マンション売却にかかる費用と手数料について

 

マンション売却においては、一般的には戸建て住宅等と同じ内容の費用がかかることになり、その内容としては、まず、契約書の印紙代があります。印紙代は売却額によっても異なっていますが、1,000万円〜5,000万円までの売却の場合には15,000円が必要になります。

 

次に不動産業者への仲介手数料があります。仲介手数料は宅建業法で売買された金額に対しての割合が定められており、その内容は、200万円以下の場合には売買金額の5%、200万円を超え400万円以下の場合には売買金額の4%、そして400万円を超える場合には売買金額に対して3%となっています。各々に消費税が別途加算されることになるために、例えば、400万円を超える場合には、実際には3.24%の手数料が必要になります。

 

マンション売却での仲介手数料は、対象となる物件の金額も高額となるために、場合によっては大きな金額になる場合もあります。法律で定められた割合はあくまでも上限であるために、不動産業者によってはディスカウントに応じてくれる業者もおり、交渉を申し出ることも1つの方法となります。

 

マンション売却においては、他に、売り渡しの書類作成に関しての司法書士費用があります。金額としては地域によっても異なりますが、概ね2〜3万円程度が相場となっており、また、住宅ローンがあればその残債に関しても必要な費用に含まれることになります。

 

必要になる費用の中で契約時の印紙代を除いては売却がなされるまでは支払う必要がない金額となっており、それらの費用や手数料は買主から受取ったお金で清算をすることになります。

 

マンション売却においては、契約が完了した場合、どうしてもその金額の大きさや支払い等の心配から入金がいつなされるのかが気になりますが、買主はキャッシュで買う場合を除いて、ほとんどの場合、住宅ローンを利用する場合が多く、そのために売買契約を結び、その後審査が通ってから決済となるために、概ね1ヵ月程度はかかることになります。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ