マンション売却で仲介業者を変更すべきケースと変更する時期

所有しているマンション売却をする際に、仲介業者に依頼し買手を探してもらう事ができますが、その際媒介契約というものを交わします。期限は基本3ヵ月間となっており、その間に仲介業者がネット掲載や折込チラシなどで買手を募集します。

 

しかし、まったく売れない・売却を急いでいるなどの理由により仲介業者を変更する際、その時期はいつ頃なのかという問題が起きます。

 

マンション売却で仲介業者を変更すべきケースと変更する時期

 

色々なケースがありますが、例えば媒介契約期限3ヵ月以内の場合は3ヵ月になる少し前あたりにその仲介業者へ変更する旨を伝えなければいけません。これは、双方の信頼のもと媒介契約を交わしているので、変更事由については告知するべき事です。

 

また、3ヵ月を超えている場合ですが、仲介業者にもよりますが更新手続きの申し出が仲介業者側からない場合・媒介契約が専任若しくは専属ではなく一般媒介である場合でも、こちらからなにも告知がないのでそのまま募集し続けててもいいと思っている仲介業者もある為、口頭で構いませんので変更する旨の告知が必要です。

 

マンション売却を含め、物件が売れない理由としては物件自体の問題や仲介業者の募集状況、などがあげられます。仲介業者を信頼して頼んでいるのに全然売れないといった場合でも、仲介業者側に全て問題があるかといえば、そうではありません。

 

ですが、1つの仲介業者へ信頼して依頼するのも良い事ではありますが、受け入れ窓口をもっと増やして売却を急ぎたい場合などは、大手の仲介業者へ変更する・仲介業者を追加するなど、それは売却する側の自由ですので問題はありません。

 

また、期限も3ヵ月という媒介契約を交わしていますが、その期間内に必ず買手を見つけるという契約ではなく、流通機構などのサイトへ掲載などをおこない、記載価格内容で販売活動を致しますといった契約になりますので、必ずしも期間内に売れるというわけではありません。

 

こうした場合、仲介業者によっては買取をしてくれるところもあり、買取をしてもらう場合は、仲介で募集していた価格より多少減額で買取となる場合が多く、よほど売却を急いでいる時は有効的だと思います。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ