マンションを売るなら仲介?買取?それぞれのメリット・デメリット

所有しているマンションを売却するならば、どのような方法を活用するとお得に売却できるのかを判断することが難しい場合があります。多くの方ができるだけ高い価格で売りたいと考えることはごく自然なこととして考えることもでき、その方法では一般的には2つの方法を利用できます。

 

マンションを売るなら仲介?買取?それぞれのメリット・デメリット

 

1つは仲介、もう1つは買取りです。

 

仲介に関しては不動産会社に依頼を行って、購入希望者が現れるまで仲介業務を行ってもらう方法です。買取りに関しては不動産会社によっては仲介ではなく買取りを行っているものを利用できる内容です。

 

この2つを比較するならば、それぞれのメリットやデメリットを把握した上で利用してみることが得策です。

 

一般的なマンションの売却方法では仲介が相当しています。仲介の場合では売却金額を高めに設定することができ、売却金額は一般的な相場というものを参照することになりますが、オーナーの意向も反映させることができるので、結果的に売却金額を高くすることに成功できます。

 

デメリットに関しては実際に売却できるまでの期間が明確ではない部分を持っています。物件によっては長期間を待っていても購入者が現れないケースもあり、早く売りたいと考えている方にとっては不都合になる可能性をもっています。

 

手数料の問題もあります。手数料は仲介手数料が相当することになり、不動産会社に支払う料金が発生してしまいます。しかし、短い期間で希望通りの売却金額で実際に売ることができたならば、メリットに変えることも可能です。

 

買取りを例に出した比較では、早く売りたいと希望していて、現金化を急いでいる方などには最適な方法です。事前に適正な査定が行われますが、早期にお金を作ることに成功するために新居の購入などを考えている方が早く売りたいと希望する場合、単にまとまったお金を早急に用意する必要がある方にとっても効果的な方法です。

 

デメリットに関しては仲介と比較するならば、一般的な売却額の相場よりも低い金額で買い取られることが挙げられます。

 

簡単に言えば、少しでも高く売却したい場合には仲介、少しでも早く売却したい場合には買取。売却額かスピードか、どちらを優先したいかによって選択は変わってきます。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ