マンション買い替え・住み替えの時期・ポイント・注意事項

マンションから一軒家に住み替えたり、駅や職場の近くへの住み替えを考える人は多いと思います。しかし住み替えにはタイミングが重要です。住み替え時期の売却・購入のタイミング次第で査定額で数百万の差が出る可能性が出てきます。

 

マンション買い替え・住み替えの時期・ポイント・注意事項

 

マンションの売却価格は、購入時からの年数が経過すればするほど下がっていきますが、景気の影響・地価の変動によっては、そうは一概に言えないこともあります。売却は好景気の時に購入は不景気の時に行うのが一番タイミング的には良いのですが、その判断となる指針を見定める必要性があります。

 

景気に対して良い判断材料となるのが東京オリンピックでしょう。これにより建築業界やインフラ・風疹など幅広く経済効果が広く波及し、不動産の販売価格も上昇傾向にあります。それに注目した中国の投資家が日本のマンションを投資目的で購入しているという背景もあります。逆に景気に対して悪い判断材料となるのが、中国の景気が良い状態から停滞期に移り変わることなどが挙げられます。

 

しかしながら日本で土地を買えば孫やひ孫の代など売却するまで永遠に自分のものとなりますが、中国のでは共産国家なので中国国内で土地を購入するときは70年の借地権での販売となり、70年たてば国家に返納しなければならない法律が存在します。

 

そこで中国国内の景気が悪くなった時に海外に逃げ出そうとする人たちにとっては、日本や外国の土地やマンションなどの購入は非常に魅力的なので、その兆しがある今だからこそ高額査定を引き出せるとも考えられます。

 

このように国保補助金やその時期の査定を普段より少し気に留めているだけで、購入金や売却金に大きな差が生まれることを理解して新聞に折り込まて入っている不動産チラシを見ると見方が変わると思います。

 

また人口が減ってきている日本では地方と都市部での差が顕著に現れることも留意する必要があるでしょう。都市部に人口が集中することにより東京大阪などの大都市部では不動産の値段が乱高下するのに対して、地方の田舎などでは人口減少のあおりを直接受け、不動産価値が上がりにくい状態が今後も続くと思われます。

 

しかし考え方を変えれば地方のマンションをかなり安い金額で購入できることになる可能性もあります。喧騒から離れてのどかながらも生活に必要なインフラがしっかり整っているのであれば、子育てをするのにも魅力的、と考えられるかもしれませんね。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ