REINSって?

 

不動産業者しか閲覧できないレインズってどんなもの?

 

インターネットの普及で不動産の情報については、ネット環境さえあれば不動産業者と同じだけの情報を手に入れることができるようになったかというと、そうではありません。不動産の専門業者だけが閲覧できる情報が存在します。

 

REINS(レインズ)という不動産流通機構が運営しているシステムで、不動産業者同士がREINSに会員登録して情報交換します。一般人はREINSの情報を手に入れることはできませんがREINSのシステムを理解しておくと不動産売却に有利となることがあるのです。

 

参考:レインズ

 

まずREINSのルールについて解説します。

 

不動産を専属専任売買契約か専任売買契約で不動産業者に売ることを頼んだときに、不動産業者は不動産などの情報をREINSに載せることを義務付けられています。また専属専任売買契約か専任売買契約が成約に至ったときも成約価格を載せなければいけません。

 

どんな不動産がどんな成約価格で成立したのかを把握できるので、不動産業界にとって大変参考になる情報です。特に成約価格はインターネット上で公開されることは考えられない情報ですのでとても貴重な情報です。

 

REINSの情報は不動産業者が専有できる特権ですので、不動産業に関わりのない人には開示されない仕組みになっていることは理解できます。それでも契約を締結してもREINSの情報を開示してくれないときは営業活動が働いていない可能性があります。不動産業者にしっかり確認する必要があります。

 

不動産会社はレインズに登録するとき様々な事項を登録します。様々な項目の中の一つに販売用の図面を任意で入力できますが、任意とはいえ入力した方が成約しやすくなるに決まっています。営業活動を精力的に執り行う不動産業者は販売用の図面を詳細に入力しています。販売用の図面をレインズにどのように入力しているのかを不動産業者に確認しておく必要があります。

 

レインズは不動産業に関わりのない人には開示されない仕組みですが不動産売却を希望する人にとって大事な情報です。不動産売却を成功させるために仕組みをしっかりと理解する必要があります。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ