現在では既存のマンションをリノベーションする人も増えてきています。

しかし実際には自分で作業をするのではなく業者に依頼する事になる為、業者選びによって結果が左右されてしまうと言っても過言ではありません。

 

マンションをリノベーションする際の注意点を教えてください!

 

新築ではなく中古で売却されているマンションに的を絞って最初から物件探しをし、リノベーション費用も計算にいれた上で購入する方も珍しくありません。

 

実際にマンションをリノベーションする時の業者の選び方としては、費用の点で選ぶという方法があります。まずは業者にどういうリノベーションをしてもらいたいのか、そしてそれに合わせて見積もりを出してもらいます。

 

その価格を見て、実際に世間で必要だと言われている費用とどれだけの差があるかを見る選び方です。

 

この場合は、適正価格で作業をしてくれるかどうかという事が良く分かるので、実際には複数の業者で見積もりを出してもらう必要があります。

 

もう一つは、見積もりを出して貰ったらその内容について説明をしてもらってから判断するという選び方です。

 

実際には業者の提示する費用はそれほど差が無い場合も少なくありません。では、実際になぜその価格になったかを質問してみましょう。

 

面倒な内容や、説明が難しい内容に関しても真摯に対応してくれる業者の方が、安心して依頼する事ができます。

 

反対に何でそんなことも分からないのだろうという風な対応をするところは、実際に工事を依頼した後もいい加減な対応や、何かトラブルがあっても誤魔化されてしまう可能性が高くなるので、充分注意しなければいけません。

 

あとは、業者に関する評判を調べるという方法です。

 

現在ではインターネット上などにも多数情報があり、どこに依頼するとどういう対応が期待できるか、どういう工事が期待できるかという事も色々と書かれています。

 

もちろんその意見にはかなりの主観が含まれているので全ての内容をうのみにする事は出来ませんが、どこに依頼するか迷っている時の選び方としてはとてもメリットがあると言っても良いでしょう。

 

こういう点に関して色々と注意して、さらに自分なりにチェックした上でどこにするかを決める方法もあります。

 

売却する時には不利?有利?

少し個性のあるリノベーションをしたマンションを今後売却するという場合について考えてみましょう。

 

一般的には不動産業者は、個性的ではない普通のマンションのほうが、需要も多くあるので売りやすいと考える傾向にあります。すなわち、高く売却しやすいということです。

 

逆に、自分好みに個性的にリノベーションされてしまっているマンションの場合には、求める人も少なくなるので売却価格も相場よりも安くなってしまうと考えられています。

 

しかし、不動産会社の広告の魅せ方などを工夫してもらえば、希少性があるマンションとアピールできたり、魅力的に感じてもらうことができ、高く売却できるケースもあります。

 

このあたりは不動産会社選び・担当者選びに大きく左右されるところでもあるので、個性的なリノベーションをしたマンションを売る場合には、仲介に入ってもらう不動産業者は吟味して選ぶ必要があると言えそうです。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ