隣や下の階への騒音対策に!マンションでの遮音の方法・工夫

人間が生活をしていくと、自分では気づかないうちに色々な音を出している事も珍しくありません。集合住宅の場合はそういった音からトラブルに発展して行ってしまう事もあります。
隣や下の階への騒音対策に!マンションでの遮音の方法・工夫

 

余計なトラブルを起こさない為にも、となりや下の階への騒音対策はしっかりとしておく事が重要です。

 

トラブルが深刻化してしまったために、やむを得ず、せっかく購入した分譲マンションの売却を検討される方もいるほどですので、こうしたマンション内でのトラブルは最初から甘く見ないに越したことはありません。

お隣さんへ

まず隣に関しては、壁の素材を入居前にしっかりと見ておく事が重要です。素材によってはどうしても音を伝えやすくなってしまうので、生活音が隣に漏れてしまう事も珍しくありません。

 

できれば防音とかを宣伝に入れている物件を選ぶ事が重要です。そうすれば壁の素材に関して色々と調べなくても安心して騒音トラブルを気にする事無く生活する事が可能となります。

 

ちなみに、自分が発する音は気にならなくても他人の音は気になるものです。物件を見学に行った時は壁については良くチェックして、どういった音が聞こえるかを調べておく事が重要です。

 

下の人へ

階下への音に関しては、カーペットや防音シートを利用する事が重要です。

 

直接床に触れてしまうと、どうしても下に音が伝わってしまう事も少なくありませんが、1枚カーペットを敷いたり防音シートを利用したりすると、案外歩く程度の音であれば下には伝わりません。

 

ただ小さなお子さんがいる場合はジャンプしたりしてしまう事も多々あるので、そういう場合はある程度の厚みがあるカーペットを利用するとか、防音シートとカーペットを併用するというのも一つの方法です。

 

見ただけでは分からない

マンションは見た目だけで音に関する事まで分かるという訳ではありません。まずは実際に住む前に壁や床に関してその素材を見ておく事が重要です。

 

分からない場合は業者に説明を求めるのも良い方法です。

 

実際に住んでからはなるべく余計な音は立てないようにする事、静かに過ごす事も重要ですが、なかなか足音などを小さくするのは大変なので、カーペットや防音シートをうまく活用して他の部屋に生活音などが響かないようにする工夫が必要となります。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ