マンションの通気口の重要性 | 閉めっぱなしはトラブルにも?

マンションの問題の一つには、気密性の高さとシックハウスが存在しています。気密性が高いマンションは、冷暖房効率を高めるので、人が住み易い環境を実現する一つの方法です。

 

しかし、高気密で窓を閉めきったマンションは、換気不足でシックハウスが発生しがちになります。

 

マンションの多くは、24時間換気を設ける事で、高気密の快適性とシックハウス回避の両立を実現しています。

 

24時間換気は、電源を入れるだけでマンション内の空気を清潔に保ちますが、フィルターのお手入れをしなければシックハウスに繋がります。

 

また、外気が寒いからと通気口を閉じてしまえば、高気密が仇となってシックハウスの原因になります。

 

マンションで健康に過ごす為には、シックハウスを考えた住み方が重要で、24時間換気の使い方が快適性を左右します。

 

24時間換気に対する基本的な考え方は、高気密で淀みがちなマンションの空気、これに流れを加えて外気と入れ替える事です。空気の入れ替えが換気扇頼みのマンションは、24時間換気を止める事、そしてフィルターの詰まりに問題があります。

 

基本的には24時間換気を止めない事、換気の際は通気口は開けっ放しにする等は、フィルターのお手入れと共に重要なポイントです。

 

24時間換気の欠点は、外気を取り入れて空気を交換するので、外が寒い日は室内の暖房効率が落ちてしまいます。ただ、閉めっぱなしで室温が高まった室内は、シックハウスを引き起こす化学物質が揮発し易くなります。

 

寒さに関しては、服装や室内の過ごし方で工夫出来るので、なるべく換気を止めない方向で解決する事が大切です。高気密な空間の換気設備は、一手に室内外の空気入れ替えを担っているので、フィルターに汚れは付着しがちです。

 

フィルターは、種類によってお手入れが必要なので、指示に従い汚れを取り除く必要があります。フィルターの目詰りは、高気密な住宅にとっては致命的で、換気不足や化学物質の排出が上手く行えない原因になります。

 

木造とは違う高気密住宅は、隙間風による換気が殆どないので、換気設備の使い方とフィルター保守の重要性が高まります。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ