マンションのRC造とSRC造の違いは?良い点・悪い点の比較

マンションのRC造とSRC造の違いは?良い点・悪い点の比較

 

マンションを構造で分類すると鉄筋コンクリートすなわちRC造、鉄骨鉄筋コンクリート造すなわちSRC造、鉄骨造すなわちS造に分けることができます。

 

鉄筋コンクリート造と鉄骨造の比較では、RC造は居住性が良いのに対して、S造は耐震性があり施工上建てやすいという違いがあります。

 

鉄筋コンクリート造と鉄骨鉄筋コンクリート造の比較では、RC造はSRC造と比べて施工が簡単で費用も安く済むのに対して、SRC造はRC造よりも耐震性が高いといえます。

 

これらの比較は同規模のマンションを建てると仮定した場合の比較で、実際は規模や経済状況など、さまざまな要因から構造種別が決められるので単純な比較はできません。

 

居住性の面から比較するとRC造やSRC造などコンクリートを使ったマンションは風圧力や地震力に対して揺れが少なく安定しています。

 

遮音性も高く内外の音が聞こえにくいので静かな室内環境を期待できます。

 

対してS造は比較的揺れが大きく遮音性も悪いので居住性はRC造やSRC造よりも劣ります。耐震性の比較では一般的にRC造がもっとも弱く、次はSRC造で、もっとも強いのがS造です。

 

マンションの高さによる比較では、6〜7階までの低い建物はRC造、それ以上の高層はSRC造、さらに超高層はS造が有利とされています。

 

高層マンションは以前は技術的な限界からS造でなければ建てることができませんでしたが、近年の高強度コンクリートなど新技術の開発によりRC造又はSRC造でも十分建てることができるようになりました。

 

以前の高層マンションはS造が主でしたので居住性に劣る面もありましたが、コンクリートで建てることが可能となったことで高層マンションの居住性は改善されてきました。

 

マンションの構造種別を決める要因は他にもあり、特に経済性は構造種別の選定にも大きく影響します。SRC造が丈夫なのがわかっていても費用の関係で中低層のマンションはRC造とすることが普通です。

 

建設資材や人件費の高騰によりRC造やSRC造よりもS造が選ばれることも少なくありません。建設費の高騰はそのまま分譲価格や賃貸料に跳ね返ってしまうからです。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ