マンションにおけるユニバーサルデザインとバリアフリーの違いは?

 

マンションにおけるユニバーサルデザインとバリアフリーの違いは?

 

高齢者や障がい者にとって、床の段差や手すりの有無が生活の質や安全に影響します。

 

近年のマンションは、高齢者に対応している場合が少なくないので、障がい者にとっても過ごし易い設備といえます。

 

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインは、高齢者や障がい者だけではなく、赤ちゃんや健常者にとっても便利さが備わった設計を指します。

 

具体的には、段差自体をなくすよりも、段差の大きさを減らす方向で設計を行ったり、手すりがなくても利用し易いデザインを行う事等が特徴です。

 

また、使い方が誰にでも分かり易く、説明がなくても直ぐに使える点がバリアフリーとの違いです。

 

ユニバーサルデザインの住宅は、必ずしも手すりが取り付けられていたり、高齢者にとって段差が十分に考慮されているとは限りません。

 

バリアフリー

一方のバリアフリーは、高齢者や障がい者に特化しているので、段差の排除や手すりの設置といった安全策が取り入れられています。

 

安全が再優先で考えられているので、階段の段差は最小限に抑えたり、ドアの床は安全を考慮してフラットに設計されます。

 

手すりは、姿勢を変えたり自重を支える必要がある場所を重点的に、予算に応じて行動範囲の壁面に設置される事があります。

 

高齢者が特に手すりを必要のは、トイレやお風呂の様に自重を支える事が欠かせない場所です。

 

手すりの設置は、高さや強度が重要ですし、使い易さも良く考えられている事が高齢者にとってのバリアフリーになります。

 

床面の安全に影響する段差は、足腰が弱い高齢者にとって重要ですが、障がい者の行動やサポートにも影響があります。

 

障がい者は、症状の程度によって行動範囲は変わりますが、自ら行動出来る場合は室内を歩き回る事になります。

 

まとめ

ユニバーサルデザインの特徴は、障がい者を支える人にも有効で、バリアフリーであれば本人にとって安全性が高まります。

 

二つの特徴は一見すると良く似ていますが、ユニバーサルデザインは使い勝手重視、バリアフリーは安全性を高める事を目的とした設計思想が大きく異なります。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ