敷地内に公園を設けるマンションについて

子供が産まれたことによって、部屋の間取りや環境のことも考慮の上、今まで住んでいたマンションを売ったり、賃貸マンションを解約し、新しくマンションを購入するというご家庭は多いですね。

 

マンション・アパートのつくりにもよりますが、壁や床が薄い建物の場合、子供がいると騒音の問題で隣や下の階の住人から苦情が入ってしまい、トラブルに発展することもあります。騒音と言われても子供はある程度うるさいのは当たり前のこと。のびのびと育てたいと思っている親にとっては、なかなか難しいところですね。

 

小さな子供がいる場合、公園で遊ばせる事は子どもの為だけでなく大人の交流と言う点からもとても重要です。特に公立校に行く場合はそういったコミュニティが形成されているか、これによって学校生活における親の過ごし方が変わると言っても過言ではありません。

 

敷地内に公園を設けるマンションが増えている?その魅力とは?

 

そんな公園ですが、現在ではマンションの敷地内に設けられる事が増えています。

 

ではその魅力とは一体何でしょうか。

 

一つは公園に行くまでの時間を節約する事ができるという事です。

 

実際に小さな子供を連れて移動するのはなかなか大変で、公園まである程度の距離があると結局は遊具で遊ばせるのではなく買いものに行ってしまう人もいます。

 

近くに公園がある、徒歩圏内にあるというのは小さな子供連れの人にとってはとても良い点と言えます。

 

もう一つは子ども同士だけでなく親同士の交流ができるという事です。

 

子どもを遊具で遊ばせている間に親同士が会話をする、そういったコミュニティを形成したいと思っている子育て世代の人は少なくありません。

 

友達が欲しいと思っている人にも公園が近くにある事はとても便利な点と言えます。

 

最後に、小さな子供を公園まで連れて行くと、交流する機会が増えるというだけでなく安全面からも魅力的だという事ができます。

 

移動をする距離が長くなればなるほど、どうしても事故などに遭ってしまう可能性が高くなりますが、敷地内にあるという事は道路を歩く必要が無くなります。

 

だから事故に遭う可能性が低くなる、これは子育てをする上で気になる安全面をクリアしているという点から行って大きな魅力となると言って良いでしょう。

 

従って、敷地内に公園を設けるという事は、単にコミュニティの形成ができるというだけでなく、遊具を子供が使いやすくなる、移動の点からも安全面が高くなるという魅力もあります。

 

また外部からの人の侵入が少なくなるので、そういった点からも安全面の魅力があるという事ができるでしょう。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ