南向きに比べて価格が安い西向きのマンションの良いコト・悪いコト

日当たりが良いという点から人気が有るのは南向きで、西向きは南向きに比べると売却価格が安く設定される事が多々あります。

 

では、西向きの良いコト、悪いコトとは一体何でしょうか。

 

南向きに比べて価格が安い西向きのマンションの良いコト・悪いコト

 

良いコトの一つは、場合によっては日照時間が長いという事です。

 

実際に夕方まで太陽の光が差し込む事になるので、冬場の部屋の中は暖かで、室内で洗濯ものを干したとしても比較的早く乾く事も少なくありません。

 

その為、外で洗濯ものを干す事ができないという場合であっても、その乾き具合はそれほど気にしなくても大丈夫です。冬場暖かで、暖房費の節約にもつながるでしょう。

 

ただ、実際にはその日照時間と言うのが悪いコトの一つともなってしまいます。

 

確かに夕方まで太陽の日が差し込む事になるので、冬暖かになる可能性もあるのですが、夏場はとても暑い室内となってしまう事も少なくありません。

 

その日差しの量によっては室内がとても暑くなり、エアコンが無ければいけないという可能性もあります。

 

また、隣接する建物によっては日差しがそれ程届く事はなく、冬場には普通に暖房を用意しなければいけない場合も珍しくありません。

 

従って、実際には良い点だと思われる日照時間が、場所によっては悪い点になるという事は十分理解しておく事が重要です。

 

ただ、夏場の日差しに関しては確かに強く感じる事もありますが、よしずを上手に活用すればそれほど室内温度が高くならないようにする事も可能です。

 

まずは窓にしっかりとよしずを立て掛ける事です。

 

そうすれば夕方の日差しが気になる事が減るので、暑い夏場でもエアコンを必ずつけなければいけないという事にはなりません。

 

またよしずは冬場は外しておけば、勿論しっかりと太陽の光を感じる事ができます。上手に日差しの調節をすれば、西向きのマンションでも快適に生活をする事ができるとは思います。

 

ただ、南向きに比べるとこうした工夫が必要な点も、やはり西向きの悪いコトと言う事も出来るでしょう。以上のような点が気にならない方・気にならないようなライフスタイルを送る方にとっては、南向きよりもリーズナブルな値段で売られていることの多い西向き住宅は選択肢に入れてみてもよいかと思います。

 

私の友人で最近新築マンションを買った人がいますが、自分は仕事で夜遅くにしか帰ってこないので、西日が気にならないと言っていました。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ