賃貸マンションに住む?分譲マンションを買う?どっちがイイか比較

 

賃貸マンションに住む?分譲マンションを買う?どっちがイイか比較

 

マンションには賃貸と分譲の二種類があります。その名の通り毎月家賃を払って住むのが賃貸マンションで、購入して住むのが分譲マンションです。

 

これまで生活をしていた分譲マンションを売却して住み替える場合、「次は、引越しも身軽にできる賃貸にしようか?」それとも「資産価値の上がりそうな地域に分譲マンションを買おうか?」と迷うケースはあります。

 

どちらに住んだ方がいいか? という質問に答えはもちろんありません。人それぞれ価値観が違いますから一概には言えません。 が、自分や家族のライフスタイルに合わせて選ぶことは大切です。

 

賃貸マンションに住む?分譲マンションを買う?どっちがイイか比較

 

賃貸マンションと分譲マンションのメリットとデメリットを考えてみると、自然と答えが出てくるでしょう。

 

賃貸マンション

賃貸マンションの場合は高額の住宅ローンを背負うことがなく、支払いが可能な家賃の物件を選べるという点が大きなメリットと言えます。現在の収入に見合った家賃のマンションを借りれば、他の部分で充実した生活が送れるでしょう。

 

住宅にお金をかけるよりも旅行や車等の趣味を楽しむことに価値観を見出している方は、気楽に住める賃貸マンションに魅力を感じるでしょう。

 

一方、賃貸マンションのデメリットは老後になっても家賃を毎月払わなければならないとい点です。老後に年金以外の収入があれば心配することもないですが、年金収入だけで生活することを考えたら家賃の支払いが困難になる可能性もあるでしょう。

 

また賃貸マンションは何年家賃を払っても資産として残ることはありません。子供に資産を残したい、など、資産価値を残したいと思ったら、賃貸マンションではなく分譲マンションを選ぶことになるでしょう。

 

分譲マンション

分譲マンションのメリットは、何と言ってもマイホームが持てるという点です。マイホームを持つことを夢見ている方は決して少なくないでしょう。分譲マンションを購入すれば将来の資産として残せますし、自分の老後も安心です。老後を迎えるまでに住宅ローンを完済しておけば安定した生活が送れるでしょう。

 

ただ無理な住宅ローンを組んでしまうと生活がきつくなるというデメリットも考えられます。無理のない返済計画を立てて購入手続きを進めれば、一生の住まいとしてマンションを持つことができるのです。

 

都心部などの資産価値がマンション購入時からあまり落ちえていかないマンションの場合には、例え売るつもりはなくても、「いざとなったらいつでも売却できる。」という事実が心にゆとりをもたらしてくれることもあるかと。

 

例えば都心部で今は仕事をバリバリこなしているという旦那さんを持つご家庭の場合。今は一生都市部に住むつもりでも、将来的に定年後には考え方が変わって、田舎で夫婦で農業などをやりながらゆったり暮らしたいという考えに変わってしまうこともあるでしょう。

 

そんな場合にも資産価値のあるマンションを持っていればサッと売却して、田舎に家を買ったりすることもできます。

まとめ

賃貸マンションも分譲マンションも、それぞれ、魅力がありますし、場合によっては「難点」と捉えられるような部分も持ち合わせています。

 

今の住宅を売却して、どちらへ住み替えようか迷っている、という方も、今現在のあなたと家族の状況だけではなく、将来の生活なども考え、自分の価値観に合っている方を選ぶようにしたいものです。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ