日本人と言えば、今も昔も「和室」でしょ?!

近年は、ライフスタイルの変化でフローリングの床が多くなり、和室のないマンションも増えているようです。しかし、和室は、もともと日本の高温多湿の気候に合っていて、住空間としてさまざまなメリットがあるのも事実です。

 

和室のあるマンションの良い所とは?和室をうまく利用するコツは?

 

和室付きのマンションに今まで住んだことがないという方は、マンション売却をきっかけとして、和室を取り入れている家も検討してみては?

畳の性質

和室に欠かせないのが、まず「畳」です。畳に使われるいぐさには、保湿性があるので、部屋の湿気を適度に吸収してくれる役割があります。断熱性にも優れているので、寒い冬でも、そのまま座ってくつろぐことも可能です。

 

さらに、自然素材であるため、フィトンチッドという香りの成分が気持ちを癒してくれることも魅力のひとつ。

 

特に、新しい畳の部屋に入ると、森のような雰囲気の香りが漂い、ゆったりとした気分にさせてくれます。また、内装に木を多く使用しているので、木の香りで癒しも感じられます。

 

畳の香りが好き! という方は多いんじゃないでしょうか? 私もその一人で、子供の頃に住んでいた実家に畳が多かったのもあるのか、畳のニオイをかぐと実家を思い出したかのように気分が落ち着きます。

 

畳の上に仰向けに「大」の字になって寝っ転がって大きく深呼吸すると疲れが飛んでいくような気がします。

マンションでの和室の利用方法

マンションの設計は、リビングに障子で仕切っているタイプのものが多いと思われます。この障子は、開けて使ってもいいし、閉めるとひとつの空間になる、というのがポイントです。

 

普段は、家族が寝転んでリラックスするスペースとして使用し、お客様などがいらした場合は、客間として利用するとよいでしょう。

 

友人などが泊まりに来た場合にも、和室があると便利です。多くの和室には、押入れがついているので、そこが布団をいれるスペースになります。

 

それ以外にも、普段、お風呂上がりにストレッチをする時に畳の上でやってみたり、、、洗濯物をたたむ場所として使ってみたり、、、など、日常生活の中でも使えるシチュエーションは多くありますね。

和の雰囲気を楽しむ

また、和モダンなインテリアで楽しむことも可能です。

 

洋風の雰囲気のなかに、和のテイストを取り入れた住空間は、海外でも人気で、障子や畳をインテリア感覚で活用したスペースは、誰もが落ち着ける雰囲気のある場所として定評があります。

 

障子も、昔ながらのデザインから近代的なデザインも多数出まわっていますから、和モダンスタイルを上手に取り入れたインテリアで演出するとよいでしょう。

 

今まで住んでいた住宅に和室がなく、必要性を感じたこともなかった、という方にも、ぜひ、マンションを売却後の住み替えの際には、和室付きのマンションは検討してもらって、どんどん利用してもらいたいなーと思います。

 

日本ならではの住環境には、昔からの知恵から生まれた機能と利便性、そして、長く住んでいて心地の良い癒しの空間があるのです。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ