マンション買取で相場より高く売るポイントとは

 

マンション買取で相場より高く売るポイントとは

 

マンション買取の相場を決める内容には、マンションの立地条件や交通の便、また、住戸が位置する方角や築年数などの様々な項目がありますが、それらに関しての内容はマンション買取を希望する側から見た場合、変更することは不可能であり、相場よりも少しでも高い金額を望む場合には自分で行えることを考えていく必要があります。

 

マンション買取で相場よりも高く売却をしたい場合には、まず、必要書類の準備をする必要があります。それは査定においても使用されるもので、書類としてはマンションの図面やパンフレット等、購入時の契約書や重要説明事項等の書類、そして固定資産税納付書があります。もし無い場合には最低でも建物の専有面積、間取り、築年数に関しては把握をしておく必要があります。

 

次に売却の時期を考慮する必要があります。不動産取引の場合には繁忙期と閑散期があり、当然、繁忙期における売却の方が値段は高くなります。不動産業界の繁忙期としては春先の1〜3月、秋口の9〜11月とされており、時期を逃さないようにすることが大切なことになります。

 

マンション買取を決断した場合には委託をする不動産業者の第一印象も大切な内容となります。相場よりも少しでも高い値段を付けてもらうためには清掃やメンテナンスも必要な内容となり、対象となる物件はきれいしておく必要があります。経年劣化の問題もありますが、清掃が行き届いてる場合には相手に与える印象にも良い影響を与えることになります。そして、売却が決まりそうな場合には決断を迅速にすることも大切なことになります。根拠のない希望で決断を延ばしてしまうことは、せっかくの機会を逃してしまうことにつながってしまいます。

 

マンション買取の場合には、ほとんどの場合には不動産業者などの仲介業社が存在します。その場合の手数料は物件によっては高額となる場合もあり、金額に対して交渉をすることも1つの方法となります。また、委託契約には、一般媒介か専任媒介、専属専任媒介のどれかの契約を行うことになりますが、複数の不動産会社に仲介を依頼できる一般媒介の方が、より多くの情報を集めることができる内容となっています。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ