一戸建て売却を希望する時

現在お住まいの一戸建て住宅の売却を検討している方の中には、どこに依頼をして何から手を付ければ良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

 

一戸建て売却を希望する際は初めに相場を確認しよう

 

住宅や土地は不動産ですから、一戸建て売却を希望する時は不動産業者に依頼することになります。不動産業者の中でもアパート等の賃貸物件だけを取り扱っている業者もありますし、一戸建て売却やマンション売却を専門に扱っている業者もあります。

 

お住まいのエリアにある不動産業者をいくつかピックアップしたら、一戸建て売却を検討していることを告げましょう。連絡を受けた業者の方では査定を行うため、実際に住宅を見に来ます。住宅の築年数や床面積、土地の面積等が客観的に分かる資料を用意しておきましょう。

 

査定額を出すためには住宅を隅々までチェックする必要があります。築年数が浅くても住宅の中が劣化している状態では、相場よりも安くなる可能性があります。

 

不動産業者の方から査定額を提示されたとしても、その金額が高いのか安いのかは素人にとって分かりにくい部分があります。査定額を聞いてそのまま売却するかどうかを判断するためにも、あらかじめ相場を確認しておく必要があります。不動産の相場は自分でもある程度調べることができます。不動産情報誌やインターネットの不動産物件サイトを見ると、自宅がある地域の物件価格をチェックすることができます。

 

住宅の価格は面積や間取りタイプ、築年数、住宅設備等で変わります。ただ土地の相場は周辺の土地物件を見ると大体分かるので、建物と土地を別々に査定して考えてもいいでしょう。

 

売却価格は少しでも高い方が良いですから、複数の不動産業者に査定を依頼して一番高い金額を提示した業者に売却を任せるという方法もあります。不動産を売却する時は初めに業者との間で媒介契約を締結します。媒介契約には一般媒介契約や専属専任媒介契約等の種類があるので、業者の方から説明を聞きながら納得できる方法を選択しましょう。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ