媒介契約には3種類ある

 

マンション売却する際の不動産業者との3種類の媒介契約の比較

 

マンションを売却する際、不動産会社と媒介契約というものを結ぶことになりますが、媒介契約にも3種類あります。

 

以下、3つがどう違うのか? を見ていきましょう。

一般媒介契約

マンション売却に於ける不動産業者との媒介契約の1つとして一般媒介契約があります。

 

一般媒介契約の良い点としては、複数の不動産業者と契約する事ができる点です。それゆえに窓口が広がりますし、多くの人に物件を見てもらえるチャンスがありますので、買主が見付かり易くなる事があります。また、自分で買主を探す事もできる契約となっています。

 

一般媒介契約には悪い点もありますが、まず不動産業者が売主に対して販売状況を報告する義務がない為、どのような進捗状況になっているのかという事だったり、どんな活動をしているのかがイマイチ分かりません。 また、たとえ販売活動に力を入れても他の業者に取られてしまう可能性があるという事もあり、あまり販売活動に力を入れてもらえない事があります。

 

専任媒介契約

続いて専任媒介契約についてですが、この契約は1つの不動産業者とのみ契約する方式です。

 

専任媒介契約の良い点としては、業者側からすれば一般媒介契約のように他の業者に取られてしまう事が無い為、積極的に販売活動を行ってもらえます。そして2週間に1回以上、不動産業者から販売活動の状況についての報告がありますので安心です。

 

専任媒介契約の悪い点は窓口が1つになりますので、見てもらえるチャンスが少なくなりますし、信頼のできる業者を選ばないと思うような売却活動をしてもらえなかったり、相性の問題に悩まされる可能性がある事です。

 

専属専任媒介契約

最後に専属専任媒介契約が挙げられますが、専任媒介契約同様に1社とのみ契約する方式です。

 

専属専任媒介契約の良い点は、専属契約ですので業者の方も力を入れて販売活動をしてくれたり、1週間に1回以上、不動産業者から販売活動の状況についての報告が受けられますので、より密度の高い進捗状況を確認できる事です。

 

専属専任媒介契約の悪い点は自分で買主で探す事ができない事です。その他の契約の場合は買主を探す事も可能ですので、自由度に関して狭まってしまうと言えます。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ