マンションを高く売るためには営業マン選びも重要ポイント?

マンションを売却するにあたって、担当営業はとても重要です。マンション売却について十分な知識を持っている人はなかなかいないでしょう。その中で頼りになるのは担当の営業マンです。

 

マンションを高く売るためには営業マン選びも重要ポイント?

 

よほどの好立地でない限り、ただ売りに出したからと言ってすぐに希望する売却値段で売れるわけではありません。それなりの売却戦略が必要になってきます。売却戦略というと専門的で難しく聞こえてしまいますが、なにも難しく考える必要はありません。

 

売却にあたっての優先順位をまずは明確にしましょう。新居を購入する予定があり、売却資金を購入資金に充てるのならば相場よりも多少安くなってもいいから早めに売りたいのが本音となるでしょう。資産運用の一環としてなら、長く売れなかったとしても、これ以上下げたくはない売却価格帯があることでしょう。

 

そういった、自分にとっての譲れない条件を元に売却戦略を考えます。

 

価格帯に関しても、希望の売却価格でスムーズに売れることは珍しいパターンとなるでしょう。売却するにあたって、ある程度の値下げ幅は考えておいた方が良いですね。適正価格は担当営業が今までの経験からある程度は判断してくれます。自分の優先順位を明確にしておかなければ、担当が値引きばかりをすすめてきたり、時間ばかりが過ぎたりと不満を持ってしまがちです。

 

ちなみに不動産会社側の心理としては、マンションを少しでも高く売りたいというよりも、少しでも早く売りたいという想いの方が強いことが一般的であることは頭に置いておきましょう。一件のマンションを高く売るよりも、1件でも多くのマンションの売却を仲介したほうが、不動産会社としては利益が大きいからです。売主であるあなたとはこのような考え方の違いが根っこの部分にはあるということです。向こうも商売ですから、これは仕方のないことです。

 

最低条件をしっかり伝えた上で、担当の知識と経験を頼りましょう。また、不動産会社自体も土地との相性があります。地元に密着している不動産会社だと、物件を探している購入希望者のツテがすでにあることも。

 

その場合、敢えて広告活動を控えめにして条件のすり合わせを優先することがあります。広告活動をしっかり行っている方が営業担当にも売る気があるように見えますが、実際は購入意欲のある人との調整の方が早くマンション売却できることが多いのです。広告活動の行い方も、その土地との相性や戦略によって変わってきます。

 

マンション売却にあたっては、営業担当を頼りにしながらも自分の譲れない条件を明示することが大切です。担当者には知識と経験があるので、ある程度は任せてしまっても良いでしょう。ですが、連絡の頻度や話し方などを不安に思う場合は担当替えを不動産会社に相談してみましょう。大きな金額が関わってくるので、人間同士の相性が何より大切なこともあります。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ