マンション売却前にリフォームしておいたほうが得できる?

自動車査定では査定額を上げるために色々な工夫があると言われていますね。査定前に洗車をしたりワックスをかけるということをしている方もいます。。傷やへこみを修復するとさらにコンディションを高めることが可能ですが、修復費用を賄えるだけの査定額アップにはつながらないケースが多く、そこまでして査定を受けるメリットはないといえます。

 

マンション査定でも同じことが当てはまりますが、修理や修復をしてもその分にかかったリフォーム費用が査定額に上乗せされるとは限らないといえます。

 

マンション査定では近隣の事例を参考にして査定額を決めるケースが多いですが、リフォーム費用をかけたからといって近隣の相場を超える販売価格では買い手が見つからないケースが出てきます。

 

マンション売却前にリフォームしておいたほうが得できる?

 

リフォーム費用は一般に100万円単位でかかりますので、メリットよりも費用負担でマイナスになるデメリットのほうが大きくなります。

 

一方で修理が必要な部分をそのままにしていたり、掃除やハウスクリーニングで魅力を高められる場合には、積極的に掃除やハウスクリーニングをすることも大切です。わずかな費用負担で魅力を高められれば、かけた費用を取り戻せますし買い手が見つかりやすくなります。

 

マンションの売却では買取と仲介があるのは売却を考える人であれば知っているはずですが、買取と仲介でもリフォームするかどうかは判断が異なります。

 

リフォームやリノベーションにより価値を高めることは可能ですが、買い手が望むリフォームやリノベーションでは売却額にかかわる部分が出てきます。主に仲介の場合には有効な手段ですが、リノベーションによって魅力が高まり、買い手の希望とマッチした場合にはリフォーム費用をかけても十分に取り戻せることもあります。

 

しかし、リノベーションやリフォームは住む人の好みで決めるのが基本ですから、買い手の好みにマッチしない場合にはなかなか買い手が見つからないデメリットも出てきます。不動産広告の作り方によっては支持されて高く売却できるというケースもありますが。

 

マンション査定ではリフォームまでは考えずに、修理や掃除、ハウスクリーニングにとどめておいたほうが経済的な負担を軽くできます。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ