あなたはどっち派?

 

 

昨今、東京オリンピックによる地価上昇などにより、不動産投資にも注目が集まっています。しかしながら、ひとこと投資と言っても、不動産投資の他に株式やFXなど様々な投資手段がある時代です。どのような投資方法が自分にあっており、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか分からないという方も多いでしょう。ここでは不動産投資とFX、株式の比較を行いたいと思います。

不動産投資

不動産投資とは簡単に言えば、いわゆる大家さんとなって家賃収入により収益を得ていくスタイルとなります。そのため初期投資として不動産の購入という大きな出費が必要となります。

 

メリットとしては、毎月家賃という確実な収入が入ってくるため将来的な見通しが立ちやすく、資産形成の目標を立てやすいことです。また投資から撤退する際も不動産を売ることにより投資を回収することができるため、ある程度のリスクヘッジになりやすいという点もあげられます。

 

一方デメリットとしては、もし入居者がいない場合はその期間の収入がゼロになってしまうこと、不動産の築年数が経つごとに家賃を下げたり、補修費用が増加するなどのコストが発生する場合があります。

FX・株式

 

あなたはどっち派?不動産投資とFX・株の比較

 

FX及び株式に関して、そのメリットとしては、少ない額から始めることができる敷居の低い投資であることです。また、1日に何回も売買できるなどその流動性も非常に高く、うまくいけば投資額の何倍もの収益を得ることも不可能ではありません。

 

一方でデメリットとしては、元本割れはもちろんそれ以上の出費になる可能性もあることです。株式の場合はそれを発行している会社がもし倒産してしまった場合は、株の価値はゼロになってしまい損失を丸かぶりすることになりますし、FXや株式の先物取引の場合、極端な値動きがあった場合は追証という追加の保証金を仲介業者から求められ、多額の借金を追う可能性もゼロではありません。

 

このようにメリット・デメリットがそれぞれある不動産投資と株式・FXですが、ご自身の現在の資産状況や短期的な利益か長期的な見込みかなどの目標に応じて選ぶことをおすすめします。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ