不動産投資用物件の購入の流れ

 

不動産投資用物件の購入の流れ

 

不動産投資用の物件を購入するには、まず購入するための物件がないといけないので、インターネットなどで情報を収集するようにします。どの地域にするか、駅からの距離や日当たり、間取り、価格と自分が住む事になった場合の気持ちで調べていくと良いでしょう。

 

特に価格は重要で、自己資金で収めるか、ローンを借りて購入するかによって選べる幅が異なるので、資金と相談しながら決める必要があります。購入する物件が決まったら不動産会社に相談し、実際にどのくらいの資金が必要なのか資金計画を立てるようにします。

 

登記料や不動産所得税などが必要になってくるので、単純な物件価格だけでは済まなくなります。物件の売り主には購入を希望していることを伝えなくてはいけないので、買付け証明書などの書面を用意して提出することになります。この書面は契約書とは異なり、購入を希望していると伝えるだけのものなので、その後のやり取りによっては白紙に戻ることもあります。

 

同時に不動産投資ローンの融資が必要であれば、この時点で申し込みを行うようにします。不動産会社は希望した物件が情報と食い違いがないか、瑕疵などがないか確認した後、売買契約に先立って重要事項説明を行います。契約日時などの取り決めが決まれば、売主と買主で売買契約締結へと移り、引き渡し時期などが明確に提示されます。

 

設備表や物件状況等報告書を受け取って間違いがなければ売主に手付金を支払い、同時に不動産会社などに仲介手数料を支払います。ローンの申し込みで審査が通っていれば、売買契約締結後に正式な契約を行って融資を受けるようにします。最後に残代金の支払いを売主に行い、登記申請、固定資産税などの精算をして物件の鍵を受け取ったら完了です。

 

これで物件のオーナーとなりますが、賃借人の募集や設備の管理などを一人で行うことになりますが、本業がある場合は時間が取れず管理できないこともあるので、不動産会社に委託するのが一般的です。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ