投資用マンションを購入する前にチェックしたいこと

 

投資用マンションを購入する前にチェックしたいこと

 

不動産投資の一環としてマンションを新たに購入する場合、そもそもの金額がたいへん高額である上、いったん契約を締結してしまうと簡単に契約解除することができないことなどを踏まえ、慎重にチェックしておきたいものといえます。購入にあたっては、宅地建物取引士の資格をもった不動産会社のスタッフからの重要事項説明書による説明があるはずですが、少なくともここに書かれるべき事項については、先回りしてチェックをしておくのが正解であるといえるでしょう。

 

たとえば、登記簿に記載されている内容からは、その物件の権利関係がわかりますが、以前の持ち主がローンを返済していなかったり、他に借金を抱えていたりしたために、抵当権が抹消されずに残っているようなことはないかどうかは重要な問題です。ひとつの物件であっても複数の人々の権利関係が複雑にからみあい、実際には投資目的で有効に利用できないといったことも考えられます。

 

また、登記簿に書かれた土地の面積と、実際に測量した面積とが異なる場合もありますし、現地で隣接地主との境界が確定していないということもありますので、購入後にトラブルに巻き込まれないように、事情を確認することがたいせつです。

 

投資物件のなかでも、不動産会社に仲介してもらい競売で取得するという場合には、正当な権利がないのにその物件を占有して住んでいる人がいたり、もとの持ち主の荷物が放置されていたりする場合があります。こうしたいわくつきの物件は、そのままでは投資に利用できず、法的手続きによって占有者を排除するなどの措置が必要になる場合があります。

 

さらに、壁のクロスの汚れや水回りの腐食、建物の傾きなどといった、物理的な欠陥がある場合について、補修や賠償などの瑕疵担保責任についての取り決めも重要です。個人と売買する場合には、価格を安くするかわりとして、瑕疵担保責任を免責として、あとで欠陥がみつかっても責任を問えない契約内容にすることもあります。

 

物理的な欠陥のほかにも、道路が建築基準法の道路に該当せず再建築が難しいなどの、不動産特有の法律上の規定に由来する欠陥についても確認をしておくべきといえます。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ