不動産投資のリスク

 

不動産投資にはどんなリスクがあるのか?

 

不動産投資では多額の資金を投入することが行われるだけに、不動産運用のリスクを予め知っておくことが非常に重要となっています。

 

不動産投資のリスクとしては、まず空室リスクが挙げられます。アパートのまるごと1棟やワンルームマンションといった投資をした場合には、それぞれの入居者の支払う家賃によって収入を得ることが可能となってきます。

 

しかし、マンションなどの物件に入居者がいない場合には、収入がゼロになる可能性が出てきます。したがって、不動産投資では空室率を如何にして下げるかが、最も大事となってきます。不動産の空室をできるだけ避けるには、初めの段階の不動産のロケーション選びをしっかり吟味する必要があります。

 

不動産のロケーションでは周辺に大学や駅があるところを選ぶようにして、入居需要の確実に見込める環境を作ることが重要です。また、不動産の空室リスクを減らすためには、物件そのものに魅力が備わっている必要があります。保有物件においては内装をオシャレに替えてみたり、人気のシェアハウスにするといった対策を取ることが可能です。

 

次に不動産投資のリスクとして、物件の値下がりリスクが挙げられます。日本では1990年代のバブル崩壊以後は、急激に不動産価格が下がったことがあります。不動産価格が大きく下がってしまうと、初期投資を回収するのに当初の見込みよりも期間が掛かってしまう懸念が出てきます。

 

また、不動産購入時に大きな借り入れを行っていると、保有している不動産を売却しても借金が残ってしまう恐れが出てきます。不動産価格の下落は景気の影響を受けて起こることが多いため、数年先を予測することは難しいのが現実です。

 

しかし、不動産価格がある程度下がっても、不動産の運用を続けていける環境を作っておくことは大事です。例えば、資金回収期間の短い物件に絞って投資をしたり、景気変動があっても不動産価格が落ちにくい物件へ投資するなどの対策を講じておくと安心と言えます。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ