サラリーマンが不動産投資する際のポイント・注意事項

 

サラリーマンが不動産投資する際のポイント・注意事項

 

不動産の世界では区分所有権とよばれる権利が認められており、たとえばマンション1棟がいくつかの居室に区切られているとすれば、その居室の部分だけの所有権をもつことができるようになっていて、法務局で登記をすることも可能です。

 

そこで、ふだんは別の仕事をもっている雇われ人のサラリーマンであったとしても、マンションやアパート1棟すべてを購入するのではなく、そのなかの1室だけを投資用として購入し、賃料収入で不動産投資をするというスタイルも、最近ではさかんになってきています。

 

こうしたサラリーマン大家の場合、積極的に物件を売買して利ざやを稼ぐ不動産投資とは一線を画したものとなりますが、毎月の安定した賃料収入が期待でき、サラリーマンとしての本業以外の副収入としては、たいへん魅力的なものといえます。

 

サラリーマンであるため、常時物件を管理することはできないことから、適切な現地の不動産会社に管理を委託することで、できるだけ作業の手間を少なくすることが、この場合の不動産投資のポイントといえるでしょう。

 

ただし、不動産投資に精通している専業者ではなく、サラリーマンという身分での不動産投資ですので、やはり相応のリスクがあることにも注意はしておかなければなりません。まずはマンションやアパートの1室であったとしても、投資金額は比較的大きく、将来的に価格が下落したときには、逆に負債を抱えているのと違わない結果となってしまうということがあります。

 

都心の1等地にある物件であれば別ですが、不動産投資物件の流動性は低く、価格が下落した際に機動的に売り抜けることができないかもしれないというリスクもあります。

 

また、不動産物件を所有しているからといって、常に賃借人が集まるとは限らず、不人気な物件を購入してしまうと、空室率が高くなってしまいます。その結果、まったく収益が上がらないどころか、メンテナンスのためにかえって高い費用が必要になってしまうということもあり得ます。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ