不動産投資は生命保険の代わりにもなってくれる?

 

不動産投資は生命保険の代わりにもなってくれる?

 

加入者が不慮の事故や病気などで亡くなった場合に、その遺族の生活が困難にならないようにしたり、または加入者本人が後遺障害を負ってしまった場合に、その後の介護などの費用をまかなう目的でつくられた制度が生命保険ですが、実は不動産投資が生命保険の代わりになることもあります。

 

不動産投資をする場合には、マンションや一戸建てなどの投資対象物件を購入するための初期費用だけでも膨大なものとなりますので、通常は金融機関などで不動産投資ローンを組むことになります。この不動産投資ローンを組むのにあわせて、融資の条件として求められることになるのが、団体信用生命保険への加入です。

 

この団体信用生命保険というのは、ローンでお金を借りた人が死亡したり、後遺障害を負った場合について、金融機関へ支払うべきローンの残債を、本人になりかわって保険会社のほうが支払うという仕組みです。そのため、基本的には金融機関がローンを踏み倒されることなく、債権回収を円滑に進めるためという目的で加入させられるものといえますが、実際には本人や遺族にとってのメリットも大きなものがあります。

 

たとえば、本人が亡くなったため、団体信用生命保険により不動産投資ローンの残債が代弁されたとしても、投資対象物件そのものの所有権が金融機関のほうに移ることはなく、引き続き遺族の手元に残されることになります。

 

そのため、遺族としてはこれまでどおり、マンションなどの投資対象物件の安定した家賃収入をもとにして生活をおくることができます。すなわち、マンションの購入費用の弁済と、その後の家賃収入の確保という、二重の意味で生命保険に類似した性質をもつことになるわけです。

 

ただし、団体信用生命保険の加入にあたっては、本人の健康状態に問題がないことを確認するため、最近3か月以内に医師の診察を受けたことがあるかなどといった、くわしいチェックが行われ、虚偽の申告をしてしまうと保険金が支払われない結果にもなりかねませんので注意が必要です。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ