不動産投資で借地権付物件を購入する前に知っておきたいこと

 

不動産投資で借地権付物件を購入する前に知っておきたいこと

 

不動産投資を行う際には、土地の所有権のある不動産に投資を行うのが一般的なスタイルですが、借地権付物件の購入を検討する場合もあるでしょう。

 

借地権付物件のメリットは、土地にかかる費用を抑えることができるため、比較的手ごろな価格で魅力的な物件を入手することができる点にあります。

 

そのため、上手に物件を選ぶことで、より収益性の高い不動産投資を行うことが可能になります。それと同時に、所有権のある不動産と比べた場合、借地権付物件の購入にあたっては、いくつか注意しておきたい点もあります。

 

一つめが、借地権がどのくらいの期間、残っているかという点です。期間が短い場合には、新たに契約を行う必要が出てきます。こうした物件を選ぶときには、新たな契約ができることを確認しておく必要があるでしょう。

 

二つめは、借地借家法の旧法に該当するか、新法に該当するかを把握することです。借地借家法は、平成4年8月1日に施行された新法と、それ以前の旧法があります。平成4年8月1日以降に成立した借地権については新法が、それ以前のものについては旧法が適用されています。一般的に新法と旧法を比較すると、借主の権利は旧法の方が強いとされていますので、借りる場合には、旧法の方が有利と考えられます。

 

三つめは、契約書の内容をしっかりと把握しておくことがあげられます。地主さんに対して支払う土地代や更新料のほか、建て替えなどの際の手続きや承諾料など、どのくらいの費用がかかるのかを確認しておくことが大切です。また、契約によっては、建物の改変に制限がある場合もあります。

 

四つめは、融資が受けられるかどうかという点です。所有権のある物件と比べると借地権付物件の場合、金融機関からの融資が受けにくいことが考えられます。融資の際に地主の承諾が必要になるとともに、所有権のある物件よりも金利が高くなるケースもありますので、トータルの費用で、より有利になる物件を検討したいものです。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ