不動産投資で抵当権付き物件購入の際の注意点は?

 

不動産投資で抵当権付き物件購入の際の注意点は?

 

不動産投資が最近話題となっていますが、不動産は株式や債券等と異なり様々な権利関係や法律上の利害関係が絡むため、それに応じて注意点も多くなってきます。そのなかでも大きな問題の1つとして、不動産投資用に購入しようとしている物権に抵当権が設定されている場合です。

 

抵当権とは何でしょうか。その名前は聞いたことがあるけれども、どんなものか想像がつかない人も多いかと思います。

 

一般的に建物を建てる際に自分の持ち金だけで建築費用や土地の購入費用をまかなえる人は少なく、銀行などの金融機関で住宅ローンを組むことが多いかと思います。お金の貸し手からすれば、もし貸した相手がローンを返済できなくなった場合に何の担保も無いと損を丸かぶりすることになります。それを避けるために、お金の貸し手は住宅ローン契約の際に、担保として購入する物件に対して抵当権を設定しています。

 

抵当権とは、例えば住宅ローンの返済が滞った際にこれを実行することにより、抵当権を設定している物件を競売に掛けその代金を借金の返済に充てさせることができる権利のことをいいます。

 

不動産投資の際に気をつけなければならない点は、物件を購入する際に抵当権を抹消する必要があります。もし抹消しないままですと、例えば売り主の借金の返済が滞った際にせっかく購入した物件が競売にかけられてしまい、物件の所有権を失う事態にもなりかねません。

 

そのため不動産投資用の物件を購入する際には、売り主に対して売買と同時に抵当権を抹消することを確認することが重要です。また共同担保と言い、複数の物件すべてを抵当権の対象としている場合もありますので、1つの不動産の売買をするにあたって、その物件が共同担保から外れるかどうかという確認も必要でしょう。

 

また、そもそも抵当権が設定されているかどうか不明な場合もあるでしょう。どのような場合であれ不動産を購入する際には、その不動産の登記証を法務局に行って確認し、どのような権利関係にあるかを確認することは必要不可欠です。登記証には所有権をはじめ抵当権の有無についても記されていますので、最低限の自衛の措置として必ず必要です。

 

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ