東京オリンピックに向けて

 

不動産価格は東京オリンピックまでどう変動すると予測されてる?

 

2020年の東京オリンピックに向けて、東京都心のみならず、オリンピック競技が開催される地域の周辺も巻き込んで開発の計画が進み、徐々に実行に移されつつあります。その前年にはラグビーのワールドカップが日本で開催されるなど国際的なイベントも予定されており、また収容人数が数千人、一万人クラスのアリーナやホールが軒並み改修工事に入るなど、2020年に向けた動きも進み始めています。

 

このため、対象の地域を中心に不動産投資が活発となり、不動産価格も上昇、もしくは今までの下落が止まり、横ばいという地域が今の段階で出ており、2020年に近付くにつれ、その地域も拡大する傾向にあると予測されています。

 

一方、東京オリンピックの特需が全国的にどこまで広がるかは不透明で、景気の状況によるものの、都市部への人口の集中、それに伴う不動産価格の高騰や積極的な不動産投資が行われる一方、地方においては過疎化がどんどん進み、限界集落も増えるのではないかと囁かれています。

 

不動産価格の高騰は地価上昇によるものだけでなく、建築費の高騰も大いに関係しています。特に働き手の不足とそれに伴う人件費の高騰は2020年の東京オリンピックに向けて開発が急ピッチで進めば進むほど、深刻になると予想されています。

 

建築資材も同様で、円安の傾向から海外から建築資材を輸入する場合でも資材の価格が上がり、その影響で建築費も高くなっている状況です。

 

不動産投資をしたい人たちのマインドは2020年に向けて年々上がっており、特に外国人投資家がこぞって日本の不動産に投資する光景が見られるようになっています。北海道のリゾート地や離島の空き家などで外国人が物件を買う姿が報告されており、この動きは東京など都市部でも広まることが予想され、さらなる需要によって不動産価格が上がると考えられています。東京オリンピックの後になると、一等地はこのままの流れで上がり、それ以外の地域では下落が予想されています。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ