不動産投資するなら東京の新築がオススメ?その理由は?

 

不動産投資するなら東京の新築がオススメ?その理由は?

 

現在、サラリーマンや主婦に人気となっている副業というと不動産投資です。ただ、現在はアパートやマンションの数が多く、物件を選ぶ時には慎重に見極める必要があります。価格や築年数だけで決めず、設備や物件の構造、また、今後の地域情報を調べることはとても大切です。

 

また、いつの時代にも人気のある物件というと駅やコンビニ近くです。特に地方は駅から離れると空室が目立ちやすいようですが、東京なら駅から徒歩5分や10分圏内以上でも空室が目立つ物件は少ないといえます。

 

それから、新築物件が圧倒的に多い地域というと東京です。新築物件を販売するとすぐに売り切れてしまうとニュースなどで見聞きしますし、このような人気物件を購入して賃貸として貸し出す場合、賃料を高めに設定できます。

 

中古物件と比べると初期費用は掛りますが、長期で安定的な家賃収入を見込むなら新築物件がお勧めです。特に東京の新築物件は地方の新築と比べても賃料を高めに設定できる他、空室対策のために賃料を大幅に値下げするリスクを防げます。

 

地方の賃貸アパートやマンションは築年数の経過と共に賃料を下げて入居者を募集しています。これではオーナーに入る家賃収入も減ってしまいますし、リフォームや維持費など費用を引くと効率の悪い不動産投資になってしまいます。

 

また、東京の新築物件はセキュリティやインターネット完備、宅配ボックスや24時間ゴミだし可能など最新の設備が整っているので入居者が集まりやすく、人気設備を導入したり、物件の仕様を変更する手間も省けます。

 

メンテナンス費用がしばらく掛らないのはオーナーにとっては魅力があります。メンテナンス費用が掛らない分、入ってきた家賃収入で次の物件を購入する資金にすることも可能です。家賃収入を資金として他の事業などにまわしていきたいオーナーにも東京の不動産投資は魅力があります。一般的に都心の新築はハイリターンは難しいといわれていますが、以上のような点がお勧めできる理由でもあります。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ