不動産投資ローンについて

 

不動産投資ローンを組むメリット・デメリット

 

マンションやアパート、戸建て住宅であっても不動産投資として物件を購入する方が存在しています。自己資金を十分に持っている方であれば、現金にて購入することができるので、直ぐに不動産投資を行うことが可能になりますが、実際には多くの方々が現金を持っていないことになり、一般的には不動産投資ローンなどを活用することになります。

 

不動産投資ローンは通常の住宅ローンとは異なる性質を持っていることになり、各金融機関では住宅ローンよりも不動産投資ローンの方が審査基準を厳しくしていることも特徴です。不動産投資ローンを利用するメリットはあり、例えば自己資本率が極めて少ない方であっても、直ぐに不動産運営を行うことができるので、利回りを活かすことが可能になります。

 

貯蓄などを行ってある程度のまとまったお金を得てから不動産物件の購入を考えている方でも、ローンを利用することで、無駄な期間を費やしてしまうことが無くなることもメリットです。

 

一方でデメリットとして挙げられる内容もあり、不動産投資の場合では必ず空室のリスクが出てくることになります。空室になってしまう期間が短い場合では大きな問題にならずに済ませることができますが、長期的に空室になってしまった場合では、得る予定の家賃収入が見込めない状態に陥ってしまい、その結果としてローンを返済することが難しい状態になる可能性もあります。

 

返済に関してはシミュレーションを行って万全にすることが求められているのですが、空室に関しては予測できない部分が多々あるので、不動産会社と上手に連携しながら運営することが必要です。一定の収益を上げることができた場合では問題なくローンの返済を継続させることができますが、物件が酷く劣化してしまう可能性も否定することができないので、常に管理体制を築いておくことも大切です。

 

ローンは非常に便利に使うことができますが、返済能力が無くなってしまった場合では、売却を行っても残債が発生する可能性もあるので、注意しながら利用することが必要です。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ