不動産投資で融資付賃貸用住宅物件を購入する時の注意事項

 

不動産投資で融資付賃貸用住宅物件を購入する時の注意事項

 

不動産投資は、資産運用の方法としてよく行われるものですが、物件を購入するために資金は自分で調達することになります。住宅ローンは基本的に自分が住んでいる住宅に対して融資を行うもので、不動産投資について使えないからです。どうしても、費用が足りない場合には住宅ローンよりも金利等の条件が厳しくなる一般ローンを使うしかありません。

 

しかし、物件の中には融資付き賃貸用住宅物件というものがあります。この物件では、最初から金融機関と提携しており、申し込みをすれば融資をしてもらえるようになっています。この場合の融資も、一般ローンよりも条件が良く、返済しやすいことが魅力です。

 

また、通常融資を行うときには厳しい審査が行われるのですが、物件の担保能力を金融機関は十分にあると判断しているので、その点は省略する事ができます。それに賃貸で貸し出すにあたっては、管理する業者が信頼に値するということを検討しているので、この点でも審査は問題ありません。

 

ですから、普通の住宅ローンと同じように審査されるのは、申し込んだ人の年収や仕事、過去の信用情報などになります。安定した収入があり、過去に自己破産など問題を起こしていないならば、融資に断られることはまずありません。

 

では、何もデメリットはないのかというと、他の一般ローンを探してみたら、実はもっと良い条件で融資してくれる可能性があることです。無論のこと、融資付賃貸用住宅物件であっても、一般ローンを利用する事はできます。

 

しかしよく知識もなく購入しようとすると、販売業者が提携ローン以外の選択肢を考えさせないようにセールストークで丸め込もうとするのです。提携ローンが優遇されているから契約するとしても、やはり他の一般ローンと比較検討してから決めるのと、最初から提携ローン以外は考えないというのでは、大きな違いです。

 

契約をした後に、そのことに気がついても、迂闊なのは契約した本人なのですから、そのことで誰かを責める事はできません。

 

後悔しないように、どこにお金を借りるかは慎重に決めてから購入をすることです。

>>マンション売却相場を知る方法はコチラ